メガキャット

「蒸留水」と「純水」の違いとは?

「蒸留水」と「純水」の違いとは?

 

【赤ちゃんのミルク作りに最適純水・蒸留水】メガホーム社製・蒸留水器・純水「メガキャット」


おいしいお水なら蒸留水! ほんのり甘く、のどごしが大変良いです。

純水・蒸留水とは?

因みに純水と蒸留水は同じ意味です。

あと、ピュアウォーター、RO水も同じになります。

水道水には、カルキといわれる残留塩素や細菌・バクテリア・水道管のさびなど、色々な不純物が含まれています。

また、地域や住む場所によって水質は様々です。メガキャットの蒸留水器は、これらの不純物を蒸留という原理で取り除き、純度の高いきれいなお水、蒸留水を生成してくれます。

水の沸点は100℃で沸騰すると蒸発しすべて水蒸気となります。水以外の不純物は沸点が100℃を超えるため蒸発せずに本体に残り、バクテリア・ろ過性ウィルスなどは沸騰によって殺菌されます。

 

蒸発した水蒸気は不純物のない純度の高い水蒸気ということになります。メガキャット

水蒸気は冷やすと水にもどります。この原理を使ってお釜の中にたまった純度の高い水蒸気は冷却ファンを通ることで冷やされお水にもどります。

このようにして出来たお水が蒸留水です。また純水ともいわれます。

蒸留水が、いかに不純物が含まれないお水だということが、おわかり頂けたと思います。

不純物

浄水器などフィルターを使うものでは、取り除ける不純物の量は環境や使用頻度などにより不安定です。

メガキャットの蒸留水器を使えば、毎回、安定した純度の高いお水を作ることができます。

蒸留水器|ミルク作りに最適な理由!

ネットで話題となり売上げ急上昇!のメガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>があります。

これも「目から鱗が落ちる」話ですね。当たり前ですが、一番不純物がないですね。

ミルク作りのお水には純水(蒸留水)が良いといわれています。不純物が一切含まれない蒸留水はミルクの成分を崩さずに調乳できます。

おいしいお水なら蒸留水! ほんのり甘く、のどごしが大変良いです。

蒸留水とは?

水道水を沸騰、一旦蒸発させ、冷却し、出てきたお水です。だから、カルキなどの不純物が一切含まれていません。蒸留水だからこその、お水の違いを実感して下さい。

飲めば分かる蒸留水!

本体に水道水を入れるだけで、蒸留水が出来ます。電気代は1回約70円。本当に安心して飲める水なら蒸留水です。


蒸留水器<メガキャット> ↓ ↓ ↓

 

≫≫≫≫ 公式ページ!

口コミ評判・お客様の声

 

なにより、美味しかったです。まろやかでインスタントコーヒーでも違いが分かる程です。
(東京都 女性)
(東京都 女性)
もう長い間使っていますので、ペットボトルの水すら飲めません。
(東京都 女性)
(東京都 女性)
とてもおいしいです。蒸留後の本体内に残るカルキを見て、水道水をチョクに飲む気が失せました。
(東京都 女性)
(東京都 女性)
もう長い間使っていますので、ペットボトルの水すら飲めません。

蒸留水器|まとめ

メリットデとメリット

メリット

メリットは、説明したとおりで不純物が入らない100%純度の高いお水がつくれることですね。

デメリット

デメリットは、「他の水が飲めなくなる!」ことでは、ないでしょうか?

まとめ

 

3.11の原発事故後、住んでいる地区の水道から放射性物質が検出され、不安な日々の中、インターネットで蒸留水の事を知りました。

小さな子供もいるので、思い切って購入し、毎日飲用しています。温めても冷やしても癖もなく、とてもおいしいです。子供も喜んで飲んでいます。

こうした放射性物質がある時には、大変助かりますね。また災害時に電気さえ使えれば重宝しますね。

浄水器などフィルターを使うものでは、取り除ける不純物の量は環境や使用頻度などにより不安定です。

メガキャットの蒸留水器を使えば、毎回、安定した純度の高いお水を作ることができます。飲み水としては、もちろん、ミルク作りに最適、コーヒー・お茶・毎日のお料理にも使えます。



素材の味を引き立ててくれるのも蒸留水ならでは。もっとおいしく!もっと健康に!蒸留水はあなたの健康的な生活をきっとサポートしてくれると思います。

詳細ページ公式ページ

質問等はコチラ→質問?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

厚生労働省|水道を取り巻く状況

①老朽化の進行
• 高度経済成長期に整備された施設が老朽化。年間2万件を超える漏水・破損事故が発生。
• 耐用年数を超えた水道管路の割合が年々上昇中(H28年度14.8%)。
• すべての管路を更新するには130年以上かかる想定。

②耐震化の遅れ
• 水道管路の耐震適合率は4割に満たず、耐震化が進んでいない(年1%の上昇率)。
• 大規模災害時には断水が長期化するリスク。

③多くの水道事業者が小規模で経営基盤が脆弱
• 水道事業は主に市町村単位で経営されており、多くの事業が小規模で経営基盤が脆弱。
• 小規模な水道事業は職員数も少なく、適切な資産管理や危機管理対応に支障。
• 人口減少社会を迎え、経営状況が悪化する中で、水道サービスを継続できないおそれ。
これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

④計画的な更新のための備えが不足
• 約3分の1の水道事業者において、給水原価が供給単価を上回っている(原価割れ)。
• 計画的な更新のために必要な資金を十分確保できていない事業者も多い。

→これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

併せて、所在確認の取れない指定給水装置工事事業者の排除、無届工事や不良工事の解消も課題。

出典:厚生労働省 「水道を取り巻く状況」
https://www.mhlw.go.jp/content/000463052.pdf

厚生労働省
法人番号6000012070001
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
電話番号 03-5253-1111(代表)