赤ちゃん対策

【赤ちゃんの最適な水対策】ウォーターサーバー水道直結型で解決とは?

ウォーターサーバーで赤ちゃん対策!

お水ってとても大切なんです。

成人の体の約60%が水分でできています。では、赤ちゃんは?

赤ちゃんの体は約75%が水分でできています。赤ちゃんは水分を吸収してから排出するまでの時間が大人よりもずっと短いので、授乳やおむつ替えの頻度が高いのは当然ですね。

赤ちゃんは大人より汗をかきやすく、便秘になったり病気にかかるとさらに脱水症状を起こしやすくなるため、こまめな水分補給か必要です。 ここでは赤ちゃんに適したお水と水分補給についてご紹介します。

赤ちゃんに水を飲ませる時期はいつから?

赤ちゃんに水を飲ませる時期は生後3ヵ月以降であれば問題ありません。新生児から生後2ヶ月頃までは赤ちゃんが必要とする水分、栄養はすべて母乳やミルクに含まれているので、無理にお水を与えなくて大丈夫です。

以前は生後3ヵ月頃から麦茶や果汁を与えたりしていましたが、味覚の発達や果物によってはアレルギーを起こしやすいものもあるので、飲ませる必要はないとされています。

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?

気温の高い夏やお風呂上りなど赤ちゃんが汗をかきやすいタイミングを把握し、こまめにお水を与えるようにしましょう。
以下の <赤ちゃんの水分補給のタイミング>を参考にして下さい。

赤ちゃんの水分補給のタイミングは

このタイミング以外でも赤ちゃんが水分補給を必要としているサインを出しているときがあります。赤ちゃんの様子を見ながら、お水をあげるようにしましょう。

赤ちゃんの体調が悪いときは?

赤ちゃんは生後5ヵ月をすぎると体調を崩しやすくなります。熱や下痢の症状があると、おしっこの量が少なかったり、唇が乾燥していたり軽度の脱水症状になる可能性があるので、水分補給を十分にすることが大切です。

水分補給として母乳やミルク以外では、白湯・麦茶・ベビー用のイオン飲料を5~10分おきに少量ずつ飲ませるようにします。

ただし体調が回復したらやめ、習慣化しないようにしましょう。離乳食を与えている月齢で食欲があるようなら、一段回前の離乳食に戻して、消化のいいものをやわらかくして食べさせましょう。

<赤ちゃんの水分補給が必要なサイン>

  1. おしっこの回数や量が減ったとき
  2. 唇の周りが乾燥しているとき
  3. 刺激に対して反応が鈍いとき
  4. ぐったりとしているとき

 

母乳を与えているママも水分補給が大切

母乳を与えているママは、妊娠・出産していないときに比べると多くの水分を必要としています。妊娠中と同じく、ママが食べたり飲んだりしたものは母乳の中に含まれています。母乳の約90%は水分でできているので、赤ちゃんに1日1,000mlの母乳を与えているとしたら、ママの体からは約90%の水分が消費されていることになります。 赤ちゃんのお世話や家事などで自分のことは後まわしになってしまいがちですが、赤ちゃんのためにもこまめに水分補給してください。

赤ちゃんが飲むのに適した飲み物は?

赤ちゃんが飲む水として水道水をそのまま利用すると、トリハロメタンや塩素といった不純物が含まれている可能性が高いので、何らかの対策をすることをお勧めします。

体が未発達な赤ちゃんは飲み物の種類にも注意を払っておく必要があります。適切でない飲み物を与えてしまうと体調不良やアレルギーなどを起こすおそれもあります。お水以外に赤ちゃんが飲める飲み物を挙げていますので参考にしてみてください。


(白湯)
  • 基本的に水道水は1歳までは白湯(10~15分煮沸したものを冷ます)にする
  • くみ置きした水道水で時間が経ったものは飲ませない
  • 市販の水は軟水(硬度120mg/l以下)を選ぶ
お茶
  • ベビー用でカフェインの含まれていない麦茶やほうじ茶
  • 大人用のものはノンカフェインでも水で薄めて飲ませる

ベビー用イオン飲料

  • 脱水症状をおこしやすい発熱時や下痢のときに飲ませる

 

果汁

  • 生後5~6ヵ月以降から絞った果汁を水で倍に薄めて
  • 糖分が便をやわらかくする効果もあり

調乳に適した水とは?

ミルクの調乳に使う水には、赤ちゃんに適したお水を使うことができたら安心ですね。
市販されているミネラルウォーターのなかにはミネラルが豊富に入っているものがあるので、胃腸機能が未熟な赤ちゃんには適していません。

またミルクの栄養バランスが崩れてしまうおそれもあります。

一方、「安心安全なお水」という視点で選ぶなら、ミネラルの低い不純物などを取り除いたお水を使うことが重要です。不純物の除去能力が高いほど、安心安全なお水ということになるからです。

【赤ちゃんの最適な水対策】ウォーターサーバー水道直結型で解決とは?

ウォーターサーバー水道直結型のメリット!

  • しっかりと、ろ過されたお水なので、赤ちゃんのミルクに最適です。
  • 適温のお湯がすぐにできるので、旦那さんでもミルクづくりが簡単です。
  • 母乳のためにも、安全な飲み水は欠かせません。
  • おかゆやうどんなど、離乳食にも安心なお水が大活躍します。
  • お白湯や粉末タイプのレトルトを溶かすお湯にも安全でおいしいお水を。

出典:→お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

人気度
月額 3,980円~
飲み放題? 月定額で飲み放題!使いたい放題‼が嬉しい!
他社との違い 衛生面の配慮が高く専任担当がついて定期メンテナンス(込み)・アフターサービスも充実
他社との違い 検討中の方でも無料お試しやサンプルとしてペットボトルで試飲ができる
他社との違い 乗り換え解約金・違約金は、最大で10,000円の負担キャンペーン
コスト ボトルに比べればそのコストの低さは歴然!
置き場所 ボトルがなくなる!

【ウォータースタンド】口コミ評判感想

 

子供が生まれるので使い始めました。家族の健康の元です。
水道水は美味しくないという事でウォータースタンドに換えました。子供たちも水を飲むようになりました。
ボトルを使っていましたが、ウォータースタンドに換え量を気にせず料理にもなんでも使っています。

 

【ウォータースタンド】の特徴

乗り換え解約金・違約金については、最大で10,000円の負担キャンペーンを実施しています。



検討中の方でも無料お試しやサンプルとしてペットボトルで試飲ができる!

天然水との違いはどうか試してみるのも良いと思います。それからでも遅くはありません!

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓

詳細ページ公式ページ

水道直結型ウォーターサーバー|まとめ

メリット

  • 重たいボトルの交換が必要ない
  • ストックの保管場所が必要ない
  • 在庫管理が必要ない
  • 注文が必要ない
  • 受取の日にち調整が必要ない
  • 飲み放題だからコストを考える必要ない

デメリット

  • 天然水を選べない

ウォーターサーバーと言えば天然水ですね。富士山麓の地下約200メートルにあるとか、北アルプス山岳が広がる、清廉な水資源とか…。天然水にこだわりのある方はボトル式になりますね。

【赤ちゃんの水対策】ウォーターサーバー水道直結型のメリット!

  • しっかりと、ろ過されたお水なので、赤ちゃんのミルクに最適です。
  • 適温のお湯がすぐにできるので、旦那さんでもミルクづくりが簡単です。
  • 母乳のためにも、安全な飲み水は欠かせません。
  • おかゆやうどんなど、離乳食にも安心なお水が大活躍します。
  • お白湯や粉末タイプのレトルトを溶かすお湯にも安全でおいしいお水を。

【赤ちゃんの水対策】ウォーターサーバー水道直結型のメリット-2

 

ウォータースタンドのお水でおかゆ作りに挑戦!

前は「料理がおいしくなるから」が理由で使っていたウォータースタンドだけど、赤ちゃんが生まれたことで「安心だから」をすごく意識して使うようになった。

離乳食レシピは「お湯で溶く」「水にさらす」「ゆでる」「湯むきする」と小まめにお水を使うから、ウォータースタンドがあると本当に便利。
食後に飲ませる「白湯」もすぐに準備できる。

離乳食が始まってから、ウォータースタンドがますます手放せなくなっている感じ。

もう少ししたら、うどんの離乳食にも挑戦する予定。これからいろいろレシピを見ながら、離乳食を作ってあげるのが楽しみ!

出典:→お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

まだまだ天然水!にこだわる方には、お勧めできませんが、

赤ちゃんがいるご家庭には…水道直結型ウォーターサーバーがお勧めです。ボトル不要、赤ちゃんに最適な水対策です!お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

詳細ページ公式ページ

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

厚生労働省|水道を取り巻く状況

①老朽化の進行
• 高度経済成長期に整備された施設が老朽化。年間2万件を超える漏水・破損事故が発生。
• 耐用年数を超えた水道管路の割合が年々上昇中(H28年度14.8%)。
• すべての管路を更新するには130年以上かかる想定。

②耐震化の遅れ
• 水道管路の耐震適合率は4割に満たず、耐震化が進んでいない(年1%の上昇率)。
• 大規模災害時には断水が長期化するリスク。

③多くの水道事業者が小規模で経営基盤が脆弱
• 水道事業は主に市町村単位で経営されており、多くの事業が小規模で経営基盤が脆弱。
• 小規模な水道事業は職員数も少なく、適切な資産管理や危機管理対応に支障。
• 人口減少社会を迎え、経営状況が悪化する中で、水道サービスを継続できないおそれ。
これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

④計画的な更新のための備えが不足
• 約3分の1の水道事業者において、給水原価が供給単価を上回っている(原価割れ)。
• 計画的な更新のために必要な資金を十分確保できていない事業者も多い。

→これらの課題を解決し、将来にわたり、安全な水の安定供給を維持していく
ためには、水道の基盤強化を図ることが必要。

併せて、所在確認の取れない指定給水装置工事事業者の排除、無届工事や不良工事の解消も課題。

出典:厚生労働省 「水道を取り巻く状況」
https://www.mhlw.go.jp/content/000463052.pdf

厚生労働省
法人番号6000012070001
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
電話番号 03-5253-1111(代表)